本文へ移動

厨房ダクト清掃

厨房ダクト清掃

厨房ダクトは、使用しているうちに油脂や汚れがこびりつき、風量機能が低下したり消費電力が増加します。溜まった油によって不快なにおいがすることもあり、油だれの原因にもなります。定期的に清掃メンテナンスを行うことで、風量機能を高めるのはもちろん火災・衛生・設備管理の面の効果もアップさせます。

BEFORE AFTER

作業内容

1.清掃前(外側)

レンジフードの内側に固着した油は、日常の清掃で取り除くことは困難です。

2.清掃前(内側)

レンジフードの内側に固着した油は、日常の清掃で取り除くことは困難です。

3.作業前(内側)

レンジフードの内側に固着した油は、日常の清掃で取り除くことは困難です。

4.カーペットクリーニング

エクストラクターという専用の機械を使って洗浄します。

5.仕上げ

ブラシで毛並みを整えます。

6.汚水

洗浄後の汚水です。きれいに見えても実はこんなに汚れています。

4.洗浄

業務用アルカリ性洗剤を使って油と共に汚れを取り除きます。

5.洗浄中のフード内

フード内に固着した油と汚れが洗剤の作用によって浮き上がります。この状態から中性洗剤を使って仕上げます。

6.部品の洗浄

取り外すことができる部品は取り外して洗浄します。

7.清掃後(外側)

8.清掃後

0
7
5
9
5
7
TOPへ戻る